永久脱毛は痛いの?

永久脱毛の痛みは部位によって異なる

永久脱毛は、個人差はありますが基本的には皮膚が薄い部位に痛みが強く出る傾向にあります。永久脱毛は強力なレーザーの熱で毛根を焼くという仕組みで行っているため、剛毛な部分は自然と焼く対象が大きくなってしまいます。口コミなどでよく見かけるのはVIO脱毛ですが、この部位は皮膚が薄く毛が剛毛であるため特に痛みが強いです。そのため麻酔クリームなどを用意してくれているサロンやクリニックも多いので、使用ありなしで希望がある方は施術者と相談することが必要です。

永久脱毛で痛みを感じやすい部位

永久脱毛の施術はパチンとゴムで弾かれるような痛みを伴うことがあります。永久脱毛で痛みを感じやすい部位としては、色素が濃くしっかりとした太いムダ毛が密集して生えているワキやデリケートゾーン、筋肉や脂肪がなく骨が近い関節、剃ったり抜いたりなどのムダ毛の自己処理による色素沈着が生じていることが多い膝下などがそれにあたります。粘膜の付近や皮膚が薄く敏感な部位も痛みを感じやすくなります。感じ方には個人差があります。

永久脱毛で痛みを感じにくい部位

永久脱毛治療では医療機関でも使用されているレーザー治療を使用して施術を行うことになりますが痛みを感じやすい部位と感じにくい部位があります。痛みを感じにくい部位は個人差がありますが毛が細くて柔らかい手足の指の毛などが痛みを感じにくいです。ほかにもお腹や背中やお尻といった広い範囲にあり毛がその部分を守る必要がない部分に関しては比較的痛くないことが多いです。また最近では麻酔が行われて治療を行うケースも多いです。

永久脱毛で痛みが大きい部位

永久脱毛を行うにあたり、痛みの強い部位は主にデリケートゾーンです。毛量や毛の太さが他の部位に比べ、多く太く、濃いことと、毛根が強いことが理由です。VIOの中でも、Vラインより粘膜に近い部分であるIラインの方が痛み感じやすいです。必要に応じて麻酔を使用することも可能です。体の中でも、守らなければならない部位ですので、毛も濃く太くなっています。そのため、永久脱毛をする際に、痛みを感じやすくなっています。

永久脱毛で痛みを和らげるための対処法

医療レーザーを使用した永久脱毛は、高出力に比例して痛みが強くなっています。
痛みを抑えるための工夫として麻酔が使用されていますが、部位によっては麻酔なしの場合もあります。
痛みを軽減する処置としては保湿ケアもありますが、自分自身で工夫することも大切です。
日焼けを防ぐこと、生理前の処理は避けることなど、肌が敏感になっているときは脱毛を避けましょう。
脱毛をしても大丈夫かわからない場合は、クリニックに相談してみましょう。

永久脱毛 三重 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です